アマビエ

アマビエは、江戸時代後期に製作されたとみられる瓦版に類する刷り物に、絵と文とが記されている。肥後国(現・熊本県)の夜ごとに海に光り物がおこったため、土地の役人がおもむいたところ、アマビエと名乗るものが出現し、役人に対して「当年より6ヶ年の間[注 3]は諸国で豊作がつづく。しかし疫病も流行がしたら、私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ。」と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行ったとされる[3]

瓦版に弘化3年4月中旬(1846年[注 2])という記載があることから、その年に出版されたものであると考えられている。姿形については添えられた挿絵(アマビエを目撃したとされる役人がその場で姿を写した物の写しであると記載されている)が存在しているが、本文には「図の如く(原文 : づの如く)」とのみ記載されており[3]、具体的な言葉ではどのようなかたちのものであったかについての特徴は書き留められていない。

みなさま!

これ、すごいですよね…

ウィキから引用させて頂きました!!!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

グループサイト

福生発デリヘル 美女物語
相模原発デリヘル 美女カフェ
所沢発デリヘル 美女物語プラス
福生発デリヘル ぷよラブ
相模原発 ぷよラブれぼりゅーしょん
所沢発 ぷよラブFANたすてぃっく
府中発 ぷよラブ む~ぶめんと
熟女人妻専門デリヘル 艶ドレス
熟女人妻専門デリヘル 艶ドレス 相模原店
熟女人妻専門デリヘル 艶ドレス 所沢店
ページ上部へ戻る